Q1:チョイトークからケータイ(PHS)ははずれないの?
A1: チョイトークはノンストップスペンサーの働きにより、リングがケータイ本体の形状になじんでもケータイをホールドします。リング交換なして4ヶ月使用したチョイトーク本体とケータイ(PHS)の固定力を示します。
使用状況にもよりますが、取り付けがしっかりしていれば、通 常の動作時に外れることはありませんが、ゴム弾性のあるフレキシブル素材でできていますので、機種の変更時、使用状況に応じてリングまたは本体をお取替えください。

フック横方向のはずれに対して:約0.5kgまでOK
ケータイ下方向のはずれに対して:約1kgまでOK
 
Q2:チョイトークの対応ケータイ(PHS)機種は?
A2: 一般的な長方形のストレートタイプであれば、ほとんど全ての機種に取り付け可能ですが、取り付ける側面、上部に凹凸のあるものは固定が不安定になったり取り付けられない場合がありますのでご注意ください。
取り付けの困難な形状の例:
 
Q3:2つ折りタイプには付かないの?
A3: チョイトークはストレートタイプのケータイ(PHS)用です。
2つ折りにも取り付けは可能な機種もありますが、形・重さから考えますと未だメリットがないと思います。
2つ折りがもう少し軽くなり、又、皆様からのご要望がありましたら「チョイトーク2(2つ折り)」を作る予定です。
 生産が決定次第、このサイト上で、ご連絡させてい頂きます。(2つ折りの専用リングでないとたためません)
 
Q4:ストラップははずさなくてもいいの?
A4: チョイトークのかからないところにストラップの取り付け穴が出ていればはずさなくても取り付けできます。(ほとんどのケータイ(PHS)ははずさなくてもOK)
重いストラップを付けるとその分フックがしなったり、はずれやすくなりますのでご注意ください。

1) 車、バイク、自転車等の運転中、機械等の作業中、満員電車、混雑時など危険な場合のご使用はおやめください。
2) 暖房機や火の近くなど高温になる所、直射日光に長くあたる場所に置かないで下さい。変色・変形したり、破損の原因となります。
3) チョイトークはフレキシブルなゴム弾性のある素材で作られていますので、無理な力がかかりますと、伸びたりはずれたり、破損の原因となります。ご使用の電話機(PHS)の機種、ご使用の状況によりリング(または本体)をお取替えください。電話機(PHS)等の本体の落下、破損、誤動作などが発生しましたも責任を負いかねますのでご注意ください。
4) ノンスリップスペーサーにホコリがつきましたら、水で拭き落としてください。ノンスリップ性が復元します。
ノンスリップスペーサーははめ込み式となっておりますので、無理にはずさないで下さい。洗浄、取り替えなどではずされた場合は元の位置にはめ込んでご使用ください。
5) 耳にかける場合は、電話機種の形状・重さ、耳の形、強さの個人差により、耳にかかりにくい(又はかからない)場合もありますのでご了承ください。
耳にかけた状態での長時間のご使用、運転中のご使用などはおやめください。
6) フックは柔らかい素材で作られており、力がかかるとしなってはずれやすくなりますが、無理な力がかかりますとフックだけでなく、服・パンツ・ボタン・耳・イヤリング等(フックした部分、周辺)の破損、ダメージの原因になりますのでご注意ください。また、走ったり、はねたり、振り回したりして電話機本体が激しく動きますとフックがはずれる原因となりますのでご注意ください。
7) リングは強く弾性のあるウレタン素材ですが、必要以上にあまり大きく広げないでください。伸びきったり、破損する恐れがあります。



Q&A 注意事項
 PDFファイルをご覧になるためには
 アドビアクロバットリーダーが必要です。
 こちらからダウンロードできます。