●チョイトークのメカについて

いろいろな機種(近年のストレートタイプのほとんどすべての機種)に対応できて使いやすく、シンプルにする為に、いろいろな工夫をしています。

フックは軟質のポリエチレン(食品衛生法適合)で成形されており、コシがあって、やわらかく、耳への負担をやわらげます。また、指で簡単に曲げられるので、個人差のある耳に合わせやすくなっています。シャフトを中心に180度回転させれば右・左両方の耳に対応できます。

フレキシブルなボディは、丈夫なウレタンエラストマーとポリカーボネートの一体成形でできているで、薄くて小さくてもタフな強度が得られます。

ノンストップスペーサーは、非常にやわらかく滑りにくい特殊なエラストマーでできています。いろいろなケータイ(PHS)形状に追従してフィットするように、はめ込み式になっています。

リングは、ウレタンエラストマーで成形されています。動力ベルトに使われる強い素材で、ケータイ(PHS)をしっかり締め付けます。大小スペア付きで各2ヶ入りです。
   

●チョイトークの取り付け方

チョイトークをかぶせて、リングで固定するだけ。
リングをはじめに入れるときは、ケータイの形状によってきつい時がありますが、しばらくするとケータイの形状に馴染んで脱着しやすくなります。


リングをケータイ(PHS)の下から少し入れておきます。
 (大小どちらか適当な方を選んで使用)

チョイトークを上からたるみを取るようにケータイ(PHS)にぴったりかぶせます。

リングをチョイトークの固定ミゾ部分まで押し上げて抵当なところで固定します。

固定後にチョイトークの両側を少し引っぱりたるみを取るとよりしっかり固定されます。
   

●サイドボタン、ジャックも使えます

素材がフレキシブルなので、サイドボタンやサイドジャックなどは、そのまま上から押したり、その部分だけをめくったり、ずらしたりするなど、チョイトークを取り付けたまま使用できます。※この場合、若干固定力が弱くなりますので、一時的な使用としてお勧めします。
また、再度元に戻すときは、チョイトークの両サイドを引っぱり、たるみを取ってご使用ください。

再度の一部をめくって使用 はずした後は両サイドを引っぱりたるみをなくして使用。



Q&A 注意事項
 PDFファイルをご覧になるためには
 アドビアクロバットリーダーが必要です。
 こちらからダウンロードできます。